あの一世を風靡したシルビアが復活??

シルビア復活

あの一世を風靡したシルビアが復活??
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

【驚愕!!】あの走り屋の魂の車が15年の時を経て復活!!

その名も、、、「シルビア」


かつて一世を風靡した日産の2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして10月開催の東京モーターショーに出店する可能性が浮上しました。
馴染みない若者も多いかも知れませんが、当時大流行したスポーツタイプの中でも人気が高く当時日産創世記の頃に発売された2ドアクーペモデルです。
惜しまれながらも2002年に生産を終了したシルビアですが、レースなどにも今なお人気の高いモデルです。

そのシルビアが2018年に復活発売される可能性がある、となると見ない理由がありませんね。

「S16型」(仮)となる次期型パワーユニットは、日産の高級車ブランド「インフィニティ」が2016年のパリモーターショーで公開した、世界初の次世代量産型可変圧縮比エンジン「VC-T」が搭載されることが有力視されています。
2リットル直列4気筒ガソリンターボであるこの新エンジンは、大パワー&高トルクとともに低燃費の実現も目指し、環境にも特化した高性能エンジンが搭載される見通しです。

私たちの世代はいわゆるS12型と呼ばれる1.8ℓのNAタイプの(Q’S)とターボタイプの(K’S)の2種類でした。
やはり走り屋からはK’Sタイプの人気が高かったのですが、あえてNAタイプをフルチューンしてK’Sに勝つ、という強者も多く存在していました。
スポーツカー世代には理解いただけるでしょうか、まずノーマルで乗っている人は皆無でした。
GT−Rが買えるくらいの金額をかけている人もちらほら、、。

今聞くとアホらしいと思うかも知れませんが私たちの若い頃は車が全てで車のためにバイトも掛け持ちして働くのが当たり前でした。
そんな青春の全てだからこそ大事にしたし思い入れもひとしおです
。未だに中古市場でも評価は高く、前述のようにいじっている車がほとんどなので程度の良いものが出回らないんですね。
個人的にはあの頃のカクカクの車体が理想ではありますが、今風っぽく直線と曲線の融合したボディが予想されます。

兎にも角にも10月のモーターショーが必見です。

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう